【IDEC】軽量設計で高い発光効率を実現!LG1H-300シリーズを新発売

軽量設計で高い発光効率を実現!工場や倉庫などに最適な高天井用LED照明 LG1H-300シリーズを新発売

 IDEC 株式会社(代表取締役会長兼社長:舩木 俊之)は、 まぶしさやギラツキを抑えつつ、従来のシリーズに比べて軽量・高効率を実現した高天井用LED照明、「LG1H-300 シリーズ」4機種を4月23日(月)より発売いたします。
高天井用LED照明は、水銀灯やメタルハライドランプなどと比べて大幅に消費電力が低く、長寿命なことから、従来器具の置き換え需要に対応しています。

水銀灯250W・400W・700W、メタルハライドランプ400W相当の従来器具に合わせた4タイプの出力バリエーションをラインアップすることで、工場や倉庫、ショールーム、体育館、ホールなど、使用場所や用途にあわせてお選びいただけます。

主な特長

高い発光効率による省エネの実現

  • 独自の工学設計により発光効率が175lm/W※となり、当社従来製品に比べて約75%発光効率が 向上するなど、省エネを実現しました。(※LG1H-308形、312形の場合)
  • メタルハライドランプ(400W)と比べると約71%※消費電力を削減することができるため、年間のCO2排出量や電気代を大幅に削減することが可能です。 (※LG1H-312形の場合)
  • 軽量化による施工性の向上

  • 当社従来製品に比べて約67%※軽量化することで、天井など建造物への負担軽減と省工数を実現し、施工性向上に貢献します。(※LG1H-312形の場合)
  • 低グレアでまぶしさを低減

  • 発光面積当たりの輝度をなめらかにすることでまぶしさを低減するとともに、オプションの拡散パネルを用いることでさらにグレアを抑えます。
  • 落下防止ワイヤーによる事故の未然防止

  • 万が一の際に、器物や人身に影響を及ぼすような落下事故を未然に防止するため、落下防止ワイヤーを 全機種に標準装備しています。
  • 調光機能を標準搭載

  • 活用シーンや用途に合わせて明るさを調整できることから、省エネに貢献します。
  • タイプ 304形 308形 312形 316形
    既存照明 水銀灯 250W 400W 700W
    メタルハライドランプ 400W
    形番

    LG1H-

    A2D304N05-1

    LG1H-

    A2D308N05-1

    LG1H-

    A2D312N05-1

    LG1H-

    A2D316N02-1

    消費電力(typ.) (AC200V) 64.7W 91.4W 121.4W 185W
    固有エネルギー消費効率 170lm/W 175lm/W 175lm/W 170lm/W
    光束 11,000 lm 16,000 lm 21,250 lm 31,500 lm
    定格電圧 AC100242V50/60V AC200242V 50/60Hz
    使用周囲温度 2040
    期待寿命(光源) 40,000時間(光束維持率85%)(Ta=25℃)
    保護構造 IP20
    質量(約) 2.8kg 2.8kg 3.2kg 3.6kg
    価格 オープン価格

    オプション

    拡散パネル

    形番 LG9Z-K31 LG9Z-K32
    適合機種 304 308 312 316
    価格 オープン価格

    主な用途

     工場、倉庫、ショールーム、体育館、ホール


    小中学校の体育館や天井の高い工場などでは、水銀灯が使用されている場所も多いかと思います。
    白熱灯や蛍光灯しかなかった頃は、室内照明で明るさが欲しいような場所には水銀灯しか設置することができませんでした。
    水銀灯の多くは20年以上前に建てられた古い建物に設置されており、定期的な水銀灯の交換を行いながら使用されています。
    しかし、水銀は環境問題を引き起こす物質として、廃棄時の取扱に注意が必要となる等、今後も使い続けることには問題があります。
    そこで、LED照明で高発光を実現した水銀灯に代わる商品が登場しました。
    IDECはこの商品により、水銀灯の置き換え需要に応えることを目標としています。
    水銀灯もこうした高い発光効率をもった商品が増えていった場合、有害物質を使用していることから、全面禁止等の措置が取られる可能性も出てきます。
    LEDは、光度を上げていくとまぶしくなるという特徴もありますが、オプションのフィルタにより、こうした現象にも対応できるようになっています。
    水銀灯からLED照明に変更した場合、何よりも消費電力が小さくなるという部分では省エネ化の提案にも使用できるのではないでしょうか?
    この商品では軽量化を図っていることから、既存の建物への負担なく水銀灯からLED照明への更新を行うことができるものと期待できます。
    水銀灯特有のスイッチを入れてからしばらく待たないと明るくならないという特性も今後はLED照明に代わることで、そういった印象もなくなっていくものになり、過去の遺産のようなものになっていくのではないかと考えられます。
    水銀灯を使っている事業所や公共施設などを見かけたら、工事の提案をしてみてはいかがでしょうか?

    公式プレスリリースはこちら: 軽量設計で高い発光効率を実現!工場や倉庫などに最適な高天井用LED照明 LG1H-300シリーズを新発売