【ダイキン工業】2018 HVAC展に行ってきました!

2018年5月23日24日に南港ATCホール(Aホール)で開催された「2018 HVAC展」に行ってきました。(主催:ダイキン工業株式会社・ダイキンHVACソリューション近畿株式会社)

「空調新発見〜まだ知らない、あなたの欲しいがきっと見つかる〜」をテーマに最先端の空調が集結。会場内は住宅ゾーン・スカイエアゾーン・業務用マルチゾーン・総合ゾーン・提案ゾーンの5つに分かれており、製品の性能体験や発売前の参考製品の展示、スタッフによる商品紹介が行なわれ、大いに盛り上がりをみせていました。

理想の空間へ

「risora」

7色のrisora

入場してすぐにお出迎えしてくれたのはずらりと並んだカラフルなエアコンたち。見ているだけでワクワクするその製品の名前は「risora-リソラ」。2017年グッドデザイン賞を受賞しており、従来のエアコンよりもとってもスタイリッシュでコンパクト。何よりカラフルでかわいい!エアコン特有の圧迫感がなく、インテリアのひとつのようです。
かわいいだけじゃなく機能性も高い。温度・湿度・気流をしっかりコントロールし、天井気流、垂直気流で体に直接風を感じにくく、部屋全体に空気を届けるスグレモノ。

risora実演ブース

会場には実演ブースも用意されており、そこには気になる黒い円筒の物体が!なんとそれは「アレクサ〇〇やって」のCMでおなじみの「Amazon Echo」。リソラはWi-Fiでアレクサに接続して人間の声で運転のON/OFF・モード切り替え・温度設定などが可能なのです。

説明員
「アレクサ ダイキンを使って リビングを 25度で冷房運転して」
アレクサ
「はい、25度で冷房運転を開始します(ウィーーン=送風口のふたが開く音)」
私「おおーっ!!」

実際に声に反応して動く様子にちょっと感動!料理などで手が塞がっているときに便利だなと思いました。また、隣にはアロマ機能を搭載した参考出品のリソラも。送風口から出てくる風は爽やかなミントの香り。女性を中心に人気が出そうですね。

過ごす場所から、楽しむ場所へ。空調で住まいが変わる。

「ココタス」

洗面所設置事例

少し進むと小空間マルチカセット「ココタス」が展示されていました。チャーミングなネーミングで見た目は小さいですが、冷房も暖房もできる優れ者。熱がこもるキッチンや洗面所・廊下・玄関などの小空間向けに開発されたのだそうです。「こんな狭い空間にエアコン付けられたら…」という問題を解決。1つの室外機で室内機3台まで接続でき、こちらもリソラ同様Amazon Alexaに接続可能。