ピックアップ記事

電工さんの工具箱 第17回「暑さ対策グッズ」熱中症に気をつけよう。

職場での熱中症は増加傾向   屋外・屋内にかかわらず、高温の環境に身を置くことで体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節ができなくなったりして起こるさまざまな障害の総称を熱中症という。主には、めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、おう吐、意識障害、まひ、手足の運動障害、高体温などの症状が現れ、最悪の場合は死に至る。  厚生労働省によると、2018(平成30)年の職場で...

新着記事